ドイツ(ベルリン) 地区、治安

ドイツ都市の地区・治安

ドイツ都市:ベルリンはこんなところ (地区・治安)

2018年1月5日


ベルリンの街とアクセス、季節

ベルリンはドイツの首都です。第二次世界大戦やベルリンの壁など歴史的な面でも興味深く、1年中多くの観光客で賑わいます。ベルリンは首都で政治の中心ですが、ドイツ経済の中心地はフランクフルトです。そのためベルリンは首都の割には緑が多く、のんびりとした印象を受けます。ベルリンからは各都市に向けた高速鉄道も出ていますし、安く移動したい場合は長距離バスの利用も便利です。

ドイツはもともとトルコ系やベトナム系などの移民が多い国ですが、特に首都であるベルリンには多くの外国人が住んでいます。日頃から様々な言語が飛び交うため、ドイツ語が話せなくとも英語がかなり通じます。ベルリンは他の大都市部に比べると物価が安く多くの芸術家が拠点にする街で、ベルリンに滞在してアーティストとして活動する日本人も多いです。

他の人気記事:  ドイツ都市:ケルンはこんなところ (地区・治安)

ベルリンの地区

Sバーン(鉄道)の環状線内側がベルリンの中心部になります。ベルリンのほぼ中央にベルリンの象徴といえるブランデンブルク門があり、かつてはその門の手前で東側と西側に分断されていました。今でもいたるところに東側地区と西側地区の名残りを感じることが出来ます。西側の主な地区は、シャルロッテンブルグ、ヴィルマースドルフ、シェーネベルクです。西側の方が落ち着いた雰囲気になります。東側の主な地区は、ミッテ、プレンツラウアーベルグ、フリードリヒシャイン、クロイツベルグです。どちらかというと東側はお洒落に敏感な人が多いです。東ドイツだった東側は家賃が安かったため、ベルリンの壁崩壊後にクリエイターたちが移り住んだのがはじまりです。今ではプレンツラウアーベルグは、一番赤ちゃんが多い地区で、ファミリーにもオススメの地区です。

リヒテンベルク地区などネオ・ナチが多く治安が良くないと言われる地域もありますが、私自身は一度もベルリンでネオ・ナチの人に絡まれたことはありません。

ベルリンの治安

観光客が集まるベルリンのミッテ(中心部)が一番外国人にとっては危ない地区ではないでしょうか。観光客を狙ったスリの情報を時々耳にしますし、私の知人もミッテ地区を観光中に巧妙な手口でスマホを盗まれたと言っていました。日々の治安について考えると、特別治安が悪いということはなく、5段階評価でいうと4くらいではないでしょうか。なお、毎年メーデーの日は、クロイツベルク地区辺りで大規模なデモ行進が行われます。この日はデモに乗じて暴走をする人々が毎年おり、警察も多く警備にあたりますが不用意に近づくと危険です。それから、ドイツ全体で言えることですが、リード無しで犬を散歩する人が多いです。大型犬であってもリード無しが多いので、犬が苦手な人にとっては怖く感じるかもしれません。殆どの場合は犬もこちらに無関心で近寄ってはきませんが、犬連れの場合は犬同士の喧嘩に発展することもあります。

おすすめスポット

ベルリンのおすすめの余暇の過ごし方といえば、1にも2にも日向ぼっこです。天気のいい日差しの温かい日は、ビールと敷布を持ってマウアーパークにでも出かけてみましょう。毎週日曜日にはマウアーパークで蚤の市が開かれるため多くの人で賑わいます。

日本食材店・アジア食材店

ベルリンにはアジア食材専門のお店が多くあります。繁華街にいけば規模の大きいアジア食材のお店があり、味噌や梅干しなどの日本食材も手に入ります。小規模店舗も数多く点在しています。アジア系の人が経営している食品店であれば日本食材はなくともちょっとしたアジア系食材は購入できます。大型スーパーではなんと出前一丁を置いている店が多いです。

渡航前に知っておいたほうが良いこと

ベルリンでは傘が要らないとはいいきれませんが、傘を使う人が少ないです。日本のように長雨ということがあまりなく、通り雨が多いからかもしれません。空気も乾燥しているので濡れてもすぐに乾きます。

ドイツ・ベルリンの賃貸アパート・ルームシェア物件はこちら

ベルリンのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ドイツのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

ドイツ都市の地区・治安, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事