イタリア(ヴェネツィア)の地区治安

イタリア都市の地区・治安

イタリア都市:ヴェネツィアはこんなところ(地区・治安)

2018年3月20日


ヴェネツィアの街とアクセス、季節

イタリアの南の夏のリゾート、水上都市で有名なヴェネツィアについて
ヴェネツィアはイタリアの最南端の海の上にたてられた古い街であり、町中に水路がある水の都で有名です。食べ物は海の幸やそれらを使ったイタリアンタパス料理、甘いものはジェラートなどが美味しいです、手工芸品では仮面舞踏会でつける仮面が素晴らしいです。世界的に有名なヴェネツィア・ビエンナーレが2年に1度開催されます。現代美術、映画、音楽、ダンス、舞踊など様々なジャンルの作品が一同に集まり、世界中から愛好家やギャラリストが最先端の表現を見に訪れます。

他の人気記事:  イタリア都市:ボローニャはこんなところ (地区・治安)

ヴェネツィアの地区

多くの人がイメージするベネチアであるいわゆる「本島」と、イタリア半島の土地に住む人に分かれます。本島は土地や物件の数に限りがある為、比較的家賃が高く見つけにくい傾向があります。イタリア半島の土地の場合、ベネチア本島と比べて家賃は安めで物件を見つけやすい傾向があります。こちらに住んでいる日本人は、主に現地の方と結婚されてベネチアに居住されている方が多いと思われます。また、音楽の勉強を目的に滞在されている方もいます。元々日本人の数がそこまで多くはありませんが、ベネチア本島やイタリア半島に住まれている方、状況は様々です。

都市の主要エリアは水上フェリーでの移動が最も効率的です。例えば、主要駅にあたるヴェネツィアサンタルチア駅(隣接するの地上の駅に行ける電車の駅)からフェリーでヴェネツィア・ビエンナーレの開催地までは、水上フェリーだと30分程度です。
他の都市へのアクセスはヴェネツィアサンタルチア駅から電車で20分程度でヴェネツィア・メストレ駅に行けます。宿泊施設はこちらの地区ほうがはるかに安いです。
8月下旬などの真夏は非常に日差しが強く、たいへん暑いです。日差しは日本の3〜5倍程度と思ったほうが良いです。また、水の都なので、蚊がとても多いです。虫除けスプレーやムヒ、長期滞在なら、網戸がホテルの窓にはないので、簡易かやがあったほうが良いです。

ヴェネツィアサンタルチア地区には、主要電車の駅があり、フェリー乗り場とチケット売り場があります。水の都の観光のスタート地点と言えます。1DAYパスや2DAYパスが販売されています。徒歩で町並みを行くと1時間〜1時間半かかります。町中は、水路を走る水上ボートを通すための小さな橋が多く、10段くらいの階段の上り下がりが非常に多く、足腰に負担がかかります。
ここからフェリーで、近隣の諸島、例えば、ブラーノ島やリド島にも行けます。これらの地区では、カラフルな町並みやビーチを訪れることができます。
夜間の安全性については、ヴェネツィアサンタルチア駅とヴェネツィア・メストレ駅エリアで比較すると、サンタルチア周辺のほうが観光地化されているので、比較的安全かと思います。メストレは特急などもとまる大きな駅ですが、周辺の治安はあまり良くありません。私も、10代の若者に暴言をかけられるなどのちょっかいを受けました。

ヴェネツィアの治安

ヴェネツィア本島は全体的に治安がいいです。駅や観光地の近くとなると、人通りが多く家賃も高めな為、リアルトエリアより東側をお勧めします。サンテーレナ(Sant’Elena)のエリアでしたら、家賃が低めで住宅街のため住みやすい地域です。

イタリア本島のメストレより内陸ですと、ミラーノという地域があり、こちらは緑が多く住宅街なため落ち着いて暮らすことができます。頻繁にベネチア本島に行く必要が無い場合、家賃も安く大きなアパートを見つけることが出来るためおすすめします。上記の条件のアパートでしたら、400ユーロほどで見つけられます。ベネチア本島まで繋ぐバスも9時頃まであります。車が無い場合は、バス停の近くに住むことをおすすめします。ミラーノの中心地は落ち着いていて治安もよく、バス停もすぐにあるので最適だと思います。

他にはメストレの近くにマルゲーラという地区があります。メストレ駅に2つ出口があるのですが、一つがメストレ、一つがマルゲーラに繋がっております。マルゲーラに住む利点としては、ベネチア本島へのアクセスが便利なことです。家賃も安いです。バスは夜遅くまであります。マイナス点としては、移民や労働者階級の方が多いため特に夜の治安が悪いことが挙げられます。

ピアーヴェ通り(Via Piave)も移民の方が多く、昼間に異国情緒あふれる店を見るのは楽しいですが、夜は治安が悪いためこの通り付近も出来る限り避けたほうがいいです。ベネチア本島からトラムが走っているのですが、トラムの停留所近くは便利で安全な印象が強いです。

おすすめスポット

サンタルチア方面では、本島だけでなく、ぜひムラーノ島やリド島などの諸島に出向いてみて下さい。サンタルチア本島の観光都市もにぎやかで良いですが、諸島のおだやかさが喧噪から離れてバカンスにはこちらでのんびりする時間もかかせないです。
学生さんなどの予算が少ない方には、サンタルチア本島で宿泊も良いですが、メストレ駅で宿泊されるほうが宿泊費と食費ともに安くすみます。
ヴェネチアビエンナーレ開催中に行って、島中の小さなアートギャラリーをめぐることもとてもおすすめです

日本食材店・アジア食材店

町中には日本食材店はありません。もし滞在中にどうしてもアジア料理がたべたくなったら、ヴェネチアメストレ駅から徒歩5分程度のところにチャイニーズレストランがあるので、そこで中華が食べられます。

日本食はあまり見当たらなかった印象ですが、日本人になじみのある、海鮮料理がタパスで食べられるので、タコやイカのマリネなどが美味しかったです。スーパーマーケットにも、ラザニアやなすのミートソースなどなじみある料理がグラムで量り売りもされているのでこれも安価で美味しくたべるにはもってこいです。

渡航前に知っておいたほうが良いこと

ヴェネチアサンタルチア地区は、私が渡航する前に抱いたイメージよりは小さな街でした。私は主にメストレに滞在し、サンタルチアと諸島を観光、ビエンナーレを楽しみましたが、すこし時間を持て余しました。
もしヴェネチアサンタマリア地区に訪れて、例えば一週間ほど時間を取り、お金にも余裕があれば、サンタルチアと諸島のいろいろなところにホテルをとり、水の都を移動しながら、滞在したほうが良いと思います。

 

=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=

ヨーロッパの留学・インターン体験談
E-bookをどうぞ!

他になかなか聞けない、生の声をまとめ、E-bookにしました。合計20名、PDFで50ページです。

語学留学、大学留学、インターンシップ、音楽留学の方の目的別インタビューです。
国はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スペインなど。

留学・移住のきっかけから、留学費用、現地のプログラムは思っていたものだったか?、
後悔していること、アドバイスをするとしたら、などを聞いています。

なかなか聞きにくい、お金のこと(予算・お仕事の収入)もお答えいただきました。

↓こちらからダウンロードいただけます。

あなたのヨーロッパに行く夢、叶えてください!

ヨーロッパ体験談

イタリアの賃貸アパート・ルームシェア物件はこちら

イタリアのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ミラノのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ローマのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ボローニャのアパート・ルームシェア・賃貸物件
フィレンツェのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ヴェネチアのアパート・ルームシェア・賃貸物件
トリノのアパート・ルームシェア・賃貸物件
ピサのアパート・ルームシェア・賃貸物件

ヨーロッパのアパート・ルームシェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

イタリア都市の地区・治安, ,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

ヨーロッパ体験談 ヨーロッパ体験談


アパートを見つける8つの方法(メルマガ)
ヨーロッパでアパートを見つける方法

物件アラート alert

ユーロコミュニティ
ユーロコミュニティ

ユーロエステート
ユーロエステート



FACEBOOK




TWITTER