ルクセンブルクの地区、治安

ルクセンブルク都市の地区・治安

ルクセンブルク都市:ルクセンブルクはこんなところ (地区・治安)

2018年1月8日


ルクセンブルクの街とアクセス、季節

ルクセンブルク大公国の首都、ルクセンブルク市の情報です。ルクセンブルクはヨーロッパを代表する金融センターで、日本を含む多くの国の金融機関が進出しています。また、人口の半数近くが外国人ということで、いろいろな国の人と出会えるコスモポリタンな街といえるでしょう。観光的には天然の要塞であった首都一体が世界遺産に登録されています。日本からの直行便がないので近隣のフランス、ドイツ、ベルギーに来た際、余裕があれば足を伸ばしてみるのがお勧めです。
街の規模は小さく、バスで20分もあれば端から端まで移動できるでしょう。ベストシーズンは5月から9月くらいで、気温は日本より10度近く低いので、真夏であっても羽織りものがあった方が安心です。10月になるともう寒くなりコートが必要です。11月末くらいからは雨や雪の日も増えダウンコートが欠かせません。足元は防水のブーツが便利です。春の訪れは遅く、4月くらいからようやく暖かくなり始めます。

ルクセンブルクの地区

日本人駐在員の多くはメールという地区に暮らしています。日本人子女が多く通うインターナショナルスクールに近い地区です。住人の多くは外国人駐在員で、静かで安全な住宅街です。観光地の多くはシティーセンターとグルンドと呼ばれる低地にまたがるエリアに存在します。シティーセンターはブランド店や大公宮があり、朝市やクリスマスマーケットが開かれます。グルンドは古くからの街並みが多く残る美しい地区です。

ルクセンブルクの治安

治安は大変良く、5段階評価なら5、日本並みの安全さといえます。唯一危ない地域といわれているのが、中央駅周辺のエリアです。人目につきにくい路地には入らない方が良いでしょう。私がこちらで出会ったあぶない目といえば、路上に駐車した車の鍵をかけ忘れてカーナビを盗まれたことぐらいでしょうか。車の窓ガラスを壊してまで車上荒らしをされた話しも聞かないので、普通の暮らしをしていれば危険は無い、といえるほどの治安の良さです。

おすすめスポット

長期滞在の方にお勧めのスポットは、キルシュベルグ地区にあるオーシャンショッピングセンターです。センターのメインであるスーパー、オーシャンでは電化製品、ベビー用品、文具、食品まで生活に必要なものが一通り揃います。アジア食材の品揃えも豊富で、しょうゆ、米、すし酢、とうふ、サトイモ、サーモンやマグロの刺身等が売られています。またスーパーばかりでなく、センター内には美容室やクリーニング店、写真店やH&M、ZARAも入っているので、生活する上で欠かせない存在となるでしょう。

日本食材店・アジア食材店

残念ながらこの国には日本食材店はありません。駐在員は会社内で注文を月一回ほどとりまとめ、ベルギーやドイツといった隣国の日本食材店から配達をしてもらうことで多くの日本食材を手に入れています。現地の食材はおいしいですし、アジア食材店が駅周辺地区に数軒ありますが、手に入らない食材も多く、時には日本の味が恋しくなるものです。みそや日持ちのする和菓子、お茶漬けの素等日本から持ってこられると重宝だと思います。

渡航前に知っておいたほうが良いこと

最後に、この国の公用語はフランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語です。英語が通じる場面も多いですが、生活ではフランス語が分かった方が便利です。フランス語の日常会話集などを持ってくるといいと思います。また、こちらで日本と同じような医療サービスを受けることは大変困難です。健康診断や予防接種、歯の治療は日本で済ませ、薬は多めに購入しておく等して万全の体調で渡航されることをお勧めします。

ルクセンブルクの賃貸アパート・シェア物件はこちら

ルクセンブルクのアパート・シェア・賃貸物件
ヨーロッパのアパート・シェア・賃貸物件

CATEGORIES & TAGS

ルクセンブルク都市の地区・治安,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事